掲載情報

・柘植史子さんが角川『俳句年鑑』二〇二一年版「諸家自選五句」に次の五句を寄稿。
 充電の小さく点り去年今年
 春を籠れる消音の大画面
 南吹く店より広き駐車場
 冬瓜を持たされてより子の静か
 日脚伸ぶ教習中の路線バス

・柘植史子さんの〈南吹く店より広き駐車場〉〈傾ぎたる土手傾ぎゆく草刈機〉〈背中には別の水音へびいちご〉の句を角川『俳句年鑑』二〇二一年版で、鴇田智也氏が取りあげ批評されています。

・酒井航太さんの〈地に落ちて蟻の餌食となる命〉の句を「秋麗」十二月号(藤田直子主宰)「現代俳句を読む」で、真木康守氏が取りあげ批評されています。

・栗山政子さんが角川『俳句年鑑』二〇二一年版「諸家自選五句」に次の五句を寄稿。
 瞬きをすれば逃水溢れだす
 木洩れ日を尻に集めて祭馬
 とくさ木賊ぶつかり合うて直立す
 水よりも空へ近づく浮寝鳥
 道草の果ては夕べの枯野原

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。